台湾人は日本人に似てる!? 私が疲れてしまった理由

你好、台湾に来て2ヶ月が経ちました、tobbyです。

2ヶ月も生活してると台湾の嫌なとこも見えてくるわけで、最近ちょっと疲弊気味でございます。

正直かなり日本に帰りたい…!

というわけで、今回はわたしが疲弊してる原因について書いていきます。てゆーか書かせて!

毎晩人を連れてくる同居人

わたしが疲れてる原因は同居人にあります。

ここんとこ週5ペースで友達を連れてくるのです。

昔わたしはゲストハウスに住んでたことがあったくらいなので、知らない人がいるのは全然いいんですが、やっぱり毎晩になるとこっちだって疲れてきます。

壁めっちゃ薄いのに夜中の1時とかにギター弾き始めるし、笑い声も遠慮ないし。仲良く一緒に喋れるような人だと仲間に入ればいいんだけど、そうじゃない人もいるし。多分関係を持ってる女もいるから超絶めんどくさい時もあるし。

そしてたまーに人が来てない時は、超大音量で映画を見ています。

この映画がとにかくうるさい。しかもこれもだいたい夜中の2時くらいまで見ている。映画を見てない時は音楽。これもうるさい。最近はララランドにハマっているのか、ずっとずっとず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとララランドのサントラを聴いている。もう、すっかり覚えてしまったよ。。。

後出しな同居人

実は…わたし今、無料でおうちに住んでます。

そんな分際で文句を言うなと言われそうなんですが、何も全く無料で住んでいるわけじゃーないのです。

まず最初に「台湾に住むんだったらうちに住めばいい! タダでいいよ!」と言われ、

やっぱりタダは難しいよね、料金いくら? と聞いたら「日本円で3万くらい」と言われ、

3万払えないし、民泊始めるんだったらそれ手伝うからタダにしてよと言ったら「OK!」と言われ、そんな経緯で住んでいるのです。

 

ところが彼、いつまでたっても民泊を始めようとしないのです。

お金を払いたくないわたしはことあるごとに「民泊始めないの?」「ベッドカバー買いに行こうよ!」「料金いくらにするー?」「旧正月から始めようぜ!」などなど、民泊早く始めようぜオーラを出しまくっていたのですが、返事はいつも「後で」。床も張り替えてベッドも買って、部屋も掃除しまくっているのに。なぜ!? ワーイ!?

挙げ句の果てに「お父さんとお母さんメチャ怒ってる。アナタお金払わナイ。ドウシテ住んでる? 一万元払って。」って言われたって…

そらオマエ、あんたが民泊手伝え言うたからやろ!!(怒)

始めへんのそっちやのになんで全部こっちが悪いみたいなことになってる!? 相談がいるやろ! 人の家やのに勝手に民泊始められへんやん! やのに相談したら毎回「後で」って言うやん!

さらに彼の何が嫌かっていうと、機嫌が明らかに悪いのに、こっちのこと無視したり、何を話しても「聽不懂(何言ってるかわからない)」って言うくせに、「別に何もない」っていうところです。

お前は何なんや! 察して欲しい日本人か!

 

と、いうわけでもう勝手に民泊をはじめまして、ボツボツ予約も入ってきております。本当にありがたいことです。

多分民泊が始まったらそんなに友達呼ぶこともなくなると思うし、ずっとテレビ見ることもなくなるかなーとちょっぴり期待です。引っ越し先は探しているけどね。

 

今回はほぼほぼ愚痴だったけど、もしまとめるとしたら

「口約束はするな、契約書を書け」ですかね…

今回のことに関係する、中華系に対する気になる話題もあるので、今度はそれ書いていきたいな…再見!

 

 

うつる!? 中国系カタコト日本語とそのメリットについて

你好! 好きなモノは片言を喋る外国人なtobbyです!

あの一生懸命何回も声に出して、確かめるように喋るのがなんとも言えず可愛いんですよね…。つられてこっちもカタコトになったりして。

ということで今回は、台湾人たちと付き合ってなぜか自分もクセになってしまったカタコト日本語と、カタコト日本語が喋れるとある、いいことについて書いていこうと思います!

その1 「アナタ、ご飯食ベタ?」

まるで遅くに帰ってきた夫に話しかけてるような感じですが…いつの間にか普通にこれを言うようになってしまいました。

日本語と違い、中国語は相手を表す言葉がないと通用しない言葉。それをそのまま日本語に訳して喋っているので、アナタという言葉がそこかしこで出てくるのです。

日本語カタコト台湾人と仲良くなって半年くらい。気づけばわたしも日常的にアナタという単語を使うようになっておりました。

「アナタ、何してる?」「アナタ、何時帰ってくる?」「アナタ、お茶飲む?」などなど。

その2 「アナタ、要る? 要らナイ?」

中国語をかじったことのある人ならすぐわかる、この言い回し。

そう「你要不要?」ですね。

中国語全くわからないよ〜という人向けに説明すると、你はアナタ要は要る不は否定する時に使う言葉なので不要で要らない。合わせるとそのまんま「アナタ、要る? 要らナイ?」になるのです(笑)

他にも「アナタ、好き? 好きじゃナイ?」「アナタ、美味しい? 美味しいじゃナイ?」などなど。

何にでもナイをつけると簡単に中国系カタコト感を出せますよ!

その3 「アナタ、何食べる?」

中国語に訳すと「你吃什麼?」

你がアナタ、吃が食べる、什麼が何です。

同じような分類に、「アナタ、何する?」「アナタ、どこ行く?」「アナタ、何見る?」などなど。

ここまで読んだらなんとなくわかるかと思うのですが、中国系カタコトはとにかく最低限! 中国語が基本的に短いように、カタコトも短く最低限にすると本物っぽさが出ます。

カタコト日本語がしゃべれてなんかいいことあるわけ?

日本語ネイティブの私たちが、カタコトの日本語がしゃべれて得すること。実はこれ、地味にあるとわたしは思います。

まず、中国系カタコトの人とコミュニケーションがとりやすくなる。簡潔な日本語なので、わかりやすいのだと思います。

そして、中国語を勉強する時に、分かりやすい! また今度詳しく書いてみようと思うのですが、中国系カタコトは中国語と同じような順序で訳していることが多いので、文字の並べ方の参考になるのです! もちろん中級以上の高度な中国語になると無理だと思いますが、初心者の間は十分参考になるレベルだとわたしは思います。

 

今回も最後まで読んでくれてありがとうございます! tobbyでした! 再見!

もっと準備してくればよかった!(涙)台湾在住2週間で後悔した、日本から持っていきたい4つのモノ

你好! 本日授業で「日本に帰りたいですか?」と聞かれ、ため息まじりに「とても…」と答えてしまったtobbyです!

まだ3週間も経っていないのに、なぜ日本に帰りたいのか。自分でもよくわかりませんが、きっとこういうことだと思うのです。

「もっとちゃんと準備してくればよかった!!(涙)」

服とか食料品とか食料品とか! 一ヶ月くらい前にタイムスリップして、「どうせ日本近いしあんま変わらん値段で色々売ってるやろ♩」とか思ってた自分をビンタして、色々買出しに向かわせたい…!

今回は日本に対し未練タラタラのtobbyが、持ってこなくて激しく後悔してる諸々を紹介したいと思います。

その1 ポン酢

めっちゃピンポイントですが、一番最初に持ってこなくて後悔したのがポン酢です。

我が家は何にでもポン酢をかけてしまう、唐沢◯明のCMのようなポン酢家庭。鍋はもちろん焼き餃子やサンマにかけたり、炒め物の調味料としても使ったりします。

「じゃあなんで忘れたんだよ!?」っていう話なんですが、実は忘れたんじゃありません。持ってこなかったんです。台湾に普通にあると思ってたんです〜〜〜!(涙)

今日び100円ショップにも置いてあるポン酢。こんなスタンダード調味料なんだから、スーパーにも置いてあるはず! むしろめんつゆとか台湾になさそうだし買っていこうかな♩ って思ってたんですが、近所のスーパーには置いておりませんでした。(代わりにめんつゆは結構いろんな種類があった、なんでやねん)

その後、台北駅の近くのダイソーで無事発見することができましたが、なんと残り一本。わたしのような日本人がゲットして行ったのでしょうか。その人の幸せを祈らずにはいられませんでした。

その2 ふりかけ

実はふりかけは持ってきていたのです。日本人が海外で恋しくなるふりかけナンバーワン(tobby調べ)の「ゆかり」を。

ですがあまりにもごはんにふりかけまくってしまい、もうないんです。もうふりかけられないんです。

自炊の高くつく台湾。一人分のごはんしか作らないので、正直味噌汁くらいしか作る気起こりません。とりあえず味噌汁が飲めれば日本食感を盛り上げることができるので、今の所それで満足できているのです。

が、いざ白ごはんを食べるとなると味噌汁だけではやっぱり寂しい。おかずがないとサ…。そうなると登場するのがふりかけだったりするわけです。

まだ2回しか炊いたことがないので訓練が足りないだけかもしれないですが、台湾の米は意外とべっちょりします。粒が立ちません。2回目は少し水の量を減らしてみましたが、しゃもじで混ぜるとねっちょりしてしまうのです。

そうなってくると、いよいよふりかけがないと寂しい事態になってしまいます。いつの間にか表面すべて紫色になってることもありました。美味しかった。

ただですね、ふりかけは液体でもないしかさばらないし、安いし、友達に頼みやすいものなんですね。もし友達が来ることがあれば買ってきてもらうよう頼むっていうのも、一つの手だと思います。わたしも早速頼みました…。(笑)

その3 そば

「食いモンばっかじゃねーかー!」という声が聞こえてきそうですが、そうなんです食いモンばっかりなんです。えへへ…。

わたしが台湾に来たのは年の瀬、12月30日。なんでこんな日に来たのかと言うと住民税を払いたくn学校が1月3日から始まるからです。

基本的にイベントには無頓着なわたし。クリスマスは仕事のことが多いし、大晦日のカウントダウンに出かけたりなど一回もありませんでした。豆まきは子供ができたら絶対したいけど、特別恵方巻きとかも食べないし。実家にいたら食べるけど。

そんなわたしなのに、なぜかもうううううううれつにそばが食べたくなってしまったのです! 12月31日に!

食べれないと思うと食べたくなってしまうのですかね? そば熱、未だに冷めやらず。ふりかけの友達にそばも頼んでしまいました。あと味付け海苔も頼みました。(韓国海苔と間違えられそうになりましたがすんでのところで訂正できました、セーフ。)

その4 カレーもの

カレールー、カレー粉、インスタントのカレーうどん。なんでもいいからカレーものを持ってくればよかったと激しく後悔しています。

三日三晩カレーを続けて食べた後「そろそろ別のもん食べるか」と、カップヌードルカレーを無意識のままに購入していたことのあるほどカレー好きのわたしが、なぜカレーものを持ってこなかったのかが不思議で不思議でたまらないのです!!!!

結局ガマンできず近所のスーパーで日本の3倍の値段はするであろうジャワカレーのルーを購入。昨日はカレー鍋を作りました。美味しかった。

まとめ

年齢を重ねるごとに味覚が保守的になっていきます。

3年くらい前は、興味本位でまずいものに当たってもあははと笑い飛ばしながら食べれていたのに、今はもう絶望のどん底みたいな気持ちになってしまいます。いつの間にか失敗をものすごく恐れるようになってしまいました。冒険できない大人の完成です。

わたしはこの台湾ワーキングホリデーの間に、冒険できる人間になりたいと思います。食べ物にしても、何にしても!

ただ、今回挙げた4つの食材たちは体調が悪い時とかいざという時に役に立つと思うので、持って行けるものなら持っていくのをおすすめします。あと、とろろ昆布と鰹節、醤油、粉末だしもおすすめです。(これは長期旅行にもおすすめ)

味噌は普通にスーパーに売ってます。たまに甘いのがあるみたいなので要注意ですが。

 

ということで、どんどん失敗していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。tobbyでした、再見!

台湾って物価安いんじゃないの!? 住んでみないとわからない台湾の物価について

「台湾って物価安いんでしょ? 食べ物も美味しそうだしあったかそうだしいいな〜」

你好! 台湾は台北に住み始めて2週間のtobbyです!

「台湾に住むねん」とか、「ワーキングホリデーに行くねん」とか周りに言った時に、言われることナンバーワンが上記のフレーズかと思います。もちろんわたしもほぼ全員に同じようなことを言われてきました。(次点「台湾ってワーホリあんの!?」)

それくらい台湾という国は

  • 物価が安くって
  • 食べ物が美味しくって
  • 楽しそうで
  • 温暖な
  • いい感じの国

というイメージがあるのだと思います。

ところがどっこい、遊びに来るのと住むのとではやっぱりわけが違います。住み始めてほんの2週間ですが、イメージ通りの部分もあれば、「こんなはずじゃなかった〜」と戸惑う部分もいくつか出てきます。

というわけで、今回は台湾に2週間住んでみて、特に戸惑った物価について書いていきます。

その1 意外と高い自炊用食材

夜市やレストランなど、外食の方が安くつく台湾。一人暮らし用のおうちにはキッチンがないのも頷ける話です。

3日4日なら外食が楽しいと思いますが、住むとなったら話は別です。不慣れな食べ物たちはどんなに美味しくても、確実に体を蝕んで行きます…!

自炊用の食材はものによって安いものもありますが、値段の感覚は日本とほぼ変わりません。そして語学学校で同じクラスの駐在員の奥さんから聞いた話によると、乳製品や輸入食材が高いそうです。 以前駐在してたNYよりも高いらしく、「隣の国なのに…日本食を作るのにNYよりもコストがかかっている…」とびっくりしたとか。こんなに近いのに!

その2 全世界同じ値段じゃ無いのか…IKEAなどの輸入物

輸入モノは食品だけじゃなく、大企業のモノまで高くします…!

そう、それはIKEA! IKEAなんてどこの国に行っても同じ値段だろうと思っていたのですが、日本よりどれも若干値段が高いのです…。そして若干品揃えが悪い。国が変われば仕方のないことだとは思うのですが、地元のIKEAに行きたい! って思ってしまいました。

ちなみにホットドッグなどのビストロメニューは日本よりも安かったですよ! ソフトクリームはなんと10NT$(35円くらい)でした。

その3 台湾オリジナルが欲しかった…生活雑貨など

これはもしかしたら日本が便利で安すぎるのが悪いのかもしれないんですが、生活雑貨が以外と高い!

貧乏が故にいつからか100円ショップを愛するようになったわたくしtobby。日本では必要なものがあっても、急ぎじゃなかったり特にデザインに惹かれなかったりすれば、100円ショップをまず覗いてから購入していました。「台湾だったら100円ショップよりその辺の店の方が安いんだろうな〜」と思っていたのですが、ぜんっぜん安くありませんでした。

実は台湾にもダイソーやセリアが出店しています。ダイソーが39NT$(約140円)均一でセリアが49NT$(約170円)均一。

日本より高い値段設定なのですが、それでもここが最安値ってことがぼちぼちあります。最近コーヒードリッパーが欲しくて近所のディスカウントショップに行ったのですが、見事に39NT$より高かったので、我慢して次の日ダイソーで買いました。やっぱりダイソーは偉大です。

その4 もちろん安いモノもありますよ!

ここまで物価が高いとぼやいてきましたが、安いモノももちろんあります。

例えば、いま一番助かっているのがレンタル自転車!

詳しくはまた別の機会に説明しますが、デポジットなしで30分5NT$〜で乗れちゃいます。ちなみにわたしが住んでる新北市だと最初の30分はなんと無料です!

メンテナンスも行き届いているので、パンクしてもそのまま自転車スタンドに戻せばOK! しかも台湾が世界に誇るGIANT(ジャイアント)の自転車です!

外食やバス賃、タピオカミルクティーも安いと思うけど、今の所これほどに安くて便利なものは見つかっておりません。なんてったって場合によってはタダですからね!

まとめ 台湾は旅行向きの国?

自炊に比べて外食が安かったり、生活雑貨が高かったり、場合によっては交通費が無料(!)だったりする所を見ると、台湾はまさに旅行向きの国なのでは? と思えてきました。

これからの台湾生活、ちょっぴり不安です…!

台湾生活経験者の方、激安ショップやおすすめ情報がありましたらtobbyまで! 情報お待ちしております!(笑)

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。再見!

台湾ワーホリ準備を台湾でやる、たったひとつの理由

「ワーキングホリデーの準備は日本でするもんちゃうん?」

そんな声が聞こえてきそうですが、実はもう台湾に住んじゃってます。

你好! 台湾在住2週間目のtobbyです。

今回は、なぜ台湾ワーキングホリデーの準備期間中なのにすでに台湾に住んでるのか、ビザもないのに一体どうやって台湾に住んでいるのかを書いていきます。これから台湾ワーホリしたいと思ってる人は是非チェックしてみてね!

すでに台湾にいる理由…それは日常会話程度の中国語を身につけるため

みなさんご存知の通り、ワーキングホリデーとは

二国間・地域間の取決め等に基づき、各々が相手国・地域の青少年に対して、休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める

という、例外はあるけど一年間ワーホリビザを持ってたら働いてもいいよ〜 という制度です。つまり一年間しかワーホリビザでは滞在することも働くこともできないのです。

さて、わたしのワーキングホリデーの目的は「中国語をしゃべれるようになる」ことと、「マッサージの勉強をする」の二つです。

中国語は一年もいればある程度はしゃべれるようになると思うのでとりあえず置いておいて、マッサージの勉強はどうすればいいのでしょう。

今までもタイのチェンマイにマッサージの勉強をしに行ったり、実際にホテルやスパで働いてみたりしたのですが、一番いいのはやっぱり実務です! 同じことを何回も繰り返して、いろんなお客さんの体を触る。これが一番いろんなことを覚えるし、成長するんです! しかも仕事なのでお金をもらいながら新しいことをどんどん覚えられる! サイコーじゃん!

というわけで、できるだけ長く台湾でマッサージの仕事に就きたいのです。

さらにできるだけ台湾の人から学びたいので、意思疎通がスムーズにできるように中国語をあらかじめ勉強しとかないとな…

ということで、入っちゃいました、語学学校♩(笑)

語学学校は約三ヶ月から、つまり観光ビザでギリギリ通えちゃう!

日本で働きながら自力で中国語を勉強することも考えたのですが、根っからの怠け者のわたしがそんなことを続けることは不可能に近いし(笑)、来てしまいました、台湾!

今回台湾の語学学校へ通うにあたって少し調べてみたところ、

  • クラス制の語学学校は約三ヶ月から
  • 日本人だと申請なしで90日間の観光ビザをもらえる

ということが判明。つまり学生ビザなどの申請を行わずとも、語学学校に1シーズン通えてしまうのです。

もちろん留学前後に旅行できなかったり、台風などで飛行機が欠航した場合のことなど考えるとちょっぴりリスキーな方法ではありますが、結構ありじゃないですか? わたしは現在友達のお家に条件付きで居候してますが、ゲストハウスやAirbnbなどを利用すればビザがなくてもとりあえずのお家を確保できます。

ざっくりと台湾に来るまでの費用を計算すると、

  • 学費 最安で10万くらい
  • 航空券 LCC利用で往復2万くらい

わたしの場合、計12万円でした。これに食費や、(わたしはかからないけど)家賃などを足すと、

  • 家賃 最安で相部屋月5,000元(だいたい18,000円くらい)×3か月
  • 食費雑費 貧乏暮らしで月3万くらい×3か月

なので、計15万円くらい。合わせると27万円。最低30万くらい持ってるととりあえず大丈夫かと思われます。保険はクレジットカードのやつでまかないましょう! だいたいのカードは持ってくるだけで三ヶ月間勝手に適用されます。

まとめ ワーホリ前留学ができるのは距離の近さあってこそ!

こんなワーホリの準備ができるのは、距離の近い台湾ならでは! 実は同じクラスの日本人の男の子も、ワーホリ前に留学してるみたいなのでこういう人は結構いるのかもしれません。(彼はちゃんと学生ビザを取ってきてるけどね)

学校が始まってから10日くらい経ちましたが、日本にいるのとはぜんっぜん違います! ご飯買うのも道を尋ねるのも授業を受けるのもすべて中国語なので、すべてが実践です。実践の場しかありません! 超絶貧乏だけど、来てよかったと心から思います。台湾だったらいざという時でも帰りやすいしね。

 

今回はtobby流、台湾ワーキングホリデーの準備についてでした〜!

「一年以上台湾にいたい!」「学びたい職種がある!」という方はこういう方法もぜひ検討してみてくださいね♩

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございます! 再見!

わたしが台湾ワーホリを決めたわけ

你好! 台湾ワーホリ準備中のtobbyです!

今回はなぜわたしが台湾でワーキングホリデーをしようと思ったか時系列で書いていきます。

2014年 働いていたホテルで台湾人のようだと褒められる

 

いきなり衝撃的なタイトルですが本当の話です(笑)

その当時、わたしは中部と関西の間のリゾートホテルでセラピストの仕事をしていました。

そこへ台湾に10年間駐在してたお客さんが来られ、わたしの施術を受けてくれました。

そして90分の施術が終わってから、言ってくれたのがこの一言でした。

 

「台湾で10年ずっと指名してた人のマッサージにそっくり! 懐かしくてすごく嬉しかったわ!」と。

 

当時のわたしはセラピストになってから半年も経っておらず、お客さんからこんなに嬉しい言葉をもらったのは初めてでした。

あまりにも嬉しくて、「わたしのマッサージは台湾っぽいのかな…」「台湾でいつかマッサージの勉強してみたいな…」と思うようになりました。

 

2015年 沖縄で台湾人の彼氏ができ、フラれる

 

当時住み込んでいた沖縄のゲストハウスで、なぜか台湾人の彼氏ができました。

日本語ダメ、英語ぼちぼちの彼と、中国語はももクロの歌詞で覚えたから1から6までなら言える、英語壊滅的なわたし。

なぜ付き合うことになったのか本気でよくわかりませんが、お付き合いすることになりました。

 

しかし…、言葉の壁は高かった。

最初は「我愛你」とか「我想你」などの愛の言葉だけでキャッキャできてたものが、3か月経つくらいから意思の疎通がスムーズにいかないことにイライラしてくるのです。

これはいかんと独学で中国語を勉強してみたものの、その頃のわたしは中国語に声調があることも、それが正しくないと全く伝わらないことも知りませんでした。

結局わたしの独学中国語では、意思の疎通ができないまま。

そして彼との関係は終わってしまったのです。

 

2016年 仕方ないから中国語の勉強を始める

 

仕方ないからってなんやねんって感じですが(笑)実は彼と別れる少し前に中国語講座を申し込んでいたのです。

当時住んでいた、那覇市観光協会が開いてるクラス制の講座で、お値段破格の10回1,000円! 安すぎ。

あまりにも安いし、中国語が喋れないのが実際すごーく悔しかったのでそのまま通うことに。

 

そしてこれが結構よかった!

最初は日本人の先生が担当してくれてたんですが、日本人が発声しにくい発音とか、アルファベットと混同してわかりにくいピンインの読み方とかをじっくりやってくれたのです!

さらにその次のシーズンの中国人の先生もよかった。(2回申し込みました)

よく笑うかわいらしい先生で、お月見の時には月餅を食べさせてくれたなあ。

 

合計半年ほど通い、中国語は結構好きになったけど、ほとんどわからないままでした。

 

2016年末 台湾ワーキングホリデーを決意、てゆーかとりあえず来た

 

とまあそんなこんなで中国語が少しずつ好きになり、「そういえばマッサージの勉強したかったな」と思い出し、もうすぐ30なるし、特に沖縄にいる意味もなくなってしまったので、台湾にワーキングホリデーすることを決めました。

そして実はもう、…台湾に住んでます(笑)

 

この続きはまた今度!

今回は台湾のワーキングホリデーを決めたきっかけについてでした〜♩

最後まで読んでくれてありがとうございました! 再見!